乳首 感度

乳首の感度をあげる3つの方法!
媚薬やピアスなどの方法で乳首の感度を上げる場合について徹底解説していきます!

 

乳首の感度を上げることができれば、セックスがもっと気持ちよくなります!
恋人とのセックスが心待ちになるかもしれません!

 

目次 []

 

乳首の感度開発でチクイキも夢じゃない!

乳首の感度開発について見ていきましょう。

 

乳首の感度開発でチクイキも夢じゃない!

 

大抵の女性はまんこに挿入され、Gスポットやポルチオを突かれて気持ちよくなります。これはいわゆる「中イキ」ですよね。

 

しかし、中には「チクイキできる」「チクイキが好き!」という人もいます。

 

チクイキとはちくびでイくことの略語で、彼女たちは乳首の感度がよすぎるせいで、性感帯になっているということです。

 

胸は大抵愛撫の際に攻めることになりますので、「セックスより愛撫されたほうが好き」という女性も多いです。

 

そして、チクイキさせるくらい乳首の感度をよくする方法が存在します!

 

まんこ(ちんこ)といった性器の感度を上げる方法はよく耳にしますよね。ちくびは性器と比べたら感度が弱く、感じにくい場所だと思うかもしれませんが、ちくびの開発によってはセックスよりも気持ちよくできるかもしれません

 

彼女の乳首の感度開発に成功すれば、単純に彼女とエッチする際、彼女は気持ちよくなりますよね。あなたの愛撫が稚拙だったとしても、あなたとのセックスが忘れられなくなるでしょう。

 

あなたの乳首の感度開発に成功したとしたら、あなたはセックスが楽しみになって仕方がなくなるでしょう。彼女から感度の高いちくびを思う存分責められ、その度に天国へ行ったかのような気持ちよさを味わうことができます!

 

乳首の感度をあげる3つの方法!媚薬・ピアス・吸引がおすすめ!

乳首の感度をあげる3つの方法を紹介します!

 

乳首の感度を上げる3つの方法!媚薬・ピアス・吸引がおすすめ!

 

乳首の感度をあげる一番有効かつ効率のいい方法は、「媚薬」を使う方法です。飲む媚薬等の催淫性の高い媚薬を使うのもいいですが、一番は「塗る媚薬」です!

 

塗る媚薬を彼女のちくびに塗るだけで、彼女のちくび全体の感度が上がり、性感帯になったかのように感じるようになりますよね。この快感を彼女が常に求めるようになったら、彼女も「ちくび責めが気持ちいい」と強く思うようになります。

 

さらに、塗るタイプの媚薬は「男性の乳首の感度をあげるにも有効」である場合が多いです。あなたのちくびに媚薬をたっぷり塗ってみて、彼女に刺激してもらってください。

 

 

僕や仲間が実際に媚薬をちくびにどう使っているか具体的な方法をまとめました。

 

塗り方ひとつで女の子の反応が激変するので参考にしてみてください。

 

↓↓↓

 

媚薬で乳首が性器になる!たったひと塗りで感度が倍増!もう辞められない!

 

乳首の感度が上がっているとエッチした時の女の子はヤバいくらい乱れますよぉ。

 

さらにちくびでイクようになれば、女の子の満足感はパンパないです。

 

 

また、「ピアスを開ける」方法も、乳首の感度をあげる観点からも有効です。ちくびにピアスを開けることによって、その部分にほんの小さな穴が空くことになります。この穴がそのまま性感帯となり、乳首の感度アップに繋がるかもしれません。

 

イメージとしては、ちくびの内側を軽く刺激されているものと思ってください。ちんこの亀頭部分を刺激されるような感覚です!

 

乳首の感度をあげる場合、「吸引」も試してみてください。

 

慣れないうちはちくび吸引が痛いと思うかもしれませんが、その分全体が敏感になり、乳首の感度をあげることができます。

 

乳首の感度を媚薬で上げる!信じられないくらいの快感でイキまくる

乳首の感度を媚薬で上げる方法について紹介します。

 

乳首の感度を媚薬で上げる!信じられないくらいの快感でイキまくる

 

乳首の感度を媚薬で上げる場合は、「塗るタイプの媚薬」を使うようにしてください。塗る媚薬は感度アップに向いている媚薬で、塗った部分を触られると気持ちがよくなります。 乳首の感度を媚薬で上げることができますよね。

 

例えば「濡花魁」のようなどの部分(乳首やちんこ、まんこ等)にも使える塗る媚薬もあれば、「乳首用媚薬」も存在します。ただし、ちくび用媚薬は市場への出回りが少ないので、手っ取り早く乳首の感度を媚薬で上げたいと思うのでしたら、普通の塗る媚薬でいいでしょう。

 

ちくびでオナニーすることを「チクニー」といいますが、実際に媚薬を使ってチクニーして、どのくらい乳首の感度が上がるのかも見ていきましょう。

 

使った媚薬は「濡花魁」、適量より少し多めに乳首に塗ってチクニーすることで、少しの刺激で絶頂寸前に!その後、簡単にチクイキすることができました!

 

チクニーだけでも充分な効果を発揮するので、好きな異性とのセックスでは、とてつもない効果を発揮してくれるでしょう。相手に「乳首が性感帯」と伝えて感度が上がっているちくびを攻めてもらってください。

 

ちなみに、「女性のほうが乳首の感度を媚薬で上げる」のに向いています。男性と比べ、ちくびは元々敏感ポイントである可能性が高いからです。

 

とはいえ、男性も同じように乳首の感度を媚薬で上げることができるので、安心してください。

 

 

乳首の感度を上げる塗る媚薬は僕や友人も愛用しています。

 

僕・友人たちが実際使って効果の高かった塗る媚薬をランキングで紹介しているので、参考にしてみてください。

 

↓↓↓

 

塗る媚薬クリームおすすめ人気ランキング!AV撮影でも使用が判明!?口コミと効果で厳選!

 

媚薬はもうなくてはならないものになってます。

 

乳首はピアスで感度アップ!ニップルピアスの開け方と注意点

乳首の感度をピアスで上げる方法について紹介します。

 

乳首はピアスで感度アップ!ニップルピアスの開け方と注意点

 

乳首のピアスのことを「ニップルピアス」というのですが、ファッションピアスとして海外で主に親しまれています。

日本でニップルピアスはあまり普及していませんが、乳首の感度をアップさせるにはもってこいのアイテムですので、ぜひチェックしてみてください!

 

ニップルピアスは自分で開けることができるのですが、開け方はしっかりと守ったほうがいいです。ちくびを開けるという行為は「乳ちくびを傷つける」ことにも繋がるからです。

 

まずは「ちくび用のピアッサー」を用意してください。ピアスを開ける部分にマークを付け、ニードルを使って貫通させます。貫通させる時どうしても痛みが走りますが、一気に開けることですぐに痛みは引くでしょう。

 

もちろん、乳首にピアスを開ける前後にはちゃんと消毒しておくようにしてください。

 

乳首の感度をピアスで上げたい場合、せっかく開けた穴にピアスを付けておくようにしたほうがいいです。乳首でなく装着したピアスを刺激するだけでも、充分気持ちがいいです。

 

ニップルピアスを外して感度を肌で感じたいという場合は、乳首の穴付近を攻める(攻めてもらう)ようにしてください。

 

乳首をピアスで感度を上げる場合、「ピアスを開けた直後はしばらくそっとしておく」ようにしてください。過剰に刺激すると痛くなってしまうからです。

 

乳首は吸引で感度が爆上げ!

乳首を吸引で感度を上げる場合について紹介します。

 

乳首は吸引で感度が爆上げ!

 

乳首を吸引で感度を上げることも可能です。

 

例えば、赤ちゃんにミルクを飲ませたいけれど母乳が出ない際に「吸引器具」を使いますよね。吸引器具による刺激は強く、何回も繰り返すことで乳首を吸引で感度を上げることができます。

 

もちろん、乳首を吸引で感度アップするのは、「本来の吸引器具の使い方」とは異なる方法です。吸引して特に乳首に以上が起こるということはありませんが、使い過ぎによるちくびの腫れ等には注意してください。

 

また、吸引のしすぎにより、ちくびや乳輪が大きくなってしまう可能性もあります。

 

乳首を吸引で感度アップさせたい場合は、1日1回程度、乳首吸引器具を使うようにしましょう。使用時間はおおよそ3分程度で構いません。刺激が非常に強いのですが、機械を使っているせいで性的な興奮には至らない可能性が高いです。

 

そのため、乳首の吸引とオナニーを同時にするのはおすすめしません。乳首の感度を上げたタイミングでチクニーするようにしてください。

 

乳首の感度レベルをチェック!7段階中あなたはどのレベル!?

乳首の感度レベルをチェックしてみましょう!

 

乳首の感度レベルをチェック!7段階中あなたはどのレベル!?

 

乳首の感度レベルは「7段階」存在します。

 

あなたが効率よく乳首の感度を上げることができれば、7段階のうち一番高い乳首の感度レベルを手に入れることができるかもしれません。

 

まずは、自分の乳首の感度レベルをチェックしてみてください。

 

乳首の感度レベルチェック

 

レベル1 触っても気持ちよくない
レベル2 くすぐったい
レベル3 触れると少し興奮する
レベル4 乳首が大きくなる
レベル5 ムラムラしてくる
レベル6 長時間触られているとイきかける
レベル7 長時間触られると絶唱する

 

乳首を愛撫されたとしても気持ちよくないという人は、「レベル1もしくはレベル2」だと思ってください。

 

逆に、乳首を愛撫されるだけで毎回絶頂寸前もしくは絶頂するという人は、乳首の感度レベルが高いです。

 

よくわからないという人は、とりあえずチクニーしてみて、どの程度興奮したかで乳首の感度レベルを決定してください。

 

この乳首の感度レベルは、媚薬やピアス、吸引によって上げることができます。セックスの際に毎回媚薬を乳首に使うことで、時間が経てば乳首の感度レベルがマックスになっているかもしれません!

 

もし、「乳首でイったことがないけどイってみたい!」と思うのであれば、乳首の感度を上げる方法を試したほうがいいでしょう。

 

女性の乳首感度アップは胸のGスポットと媚薬にあり!?

女性の乳首感度アップについて紹介します!

 

女性の乳首感度アップは胸のGスポットと媚薬にあり!?

 

女性の乳首感度アップの鍵は「胸のGスポット」と「媚薬」にあります!

 

まんこにGスポットがあるのは有名な話ですが、女性の乳首(胸)にもGスポットがあります。

 

「スペンス乳腺」というのですが、聞いたことがない人のほうが多いでしょう。

 

スペンス乳腺は脇の下あたりなので、厳密に言うと乳首とは関係がありません。しかし、胸のGスポットを優しく愛撫することで、女性を興奮させることはできますよね。

 

女性も「胸を触られるのが気持ちいい」と思うようになり、もっと胸を触ってほしいと感じるでしょう。そのタイミングで乳首を愛撫することによって、快感を上乗せできます!

 

まずはスペンス乳腺、次に乳首、という順番で愛撫してみてください!直接女性の乳首の感度が上がったわけではありませんが、「触られて気持ちいい場所」という認識を与えることはできるかもしれません。

 

女性の乳首感度アップに媚薬を塗ってみるのもいいでしょう。

 

塗るタイプの媚薬を使って女性の乳首の感度を上げた状態で愛撫してみてください。

 

媚薬やラブローションはただでさえ滑らかになるようにヌルヌルしているので、少し雑に触ったとしても、気持ちいいと感じてくれるでしょう。媚薬を使ったセックスを多くすることで、女性の乳首の感度を上げることができます。

 

巨乳は乳首の感度が悪いという噂は本当!?媚薬必須!?

巨乳は乳首の感度が悪いという噂は本当かどうか見ていきましょう!

 

巨乳は乳首の感度が悪いという噂は本当!?媚薬必須!?

 

男性からしたら巨乳を揉みしだく憧れはあるかもしれませんが、巨乳の女性にとってはそうでないかもしれません。

 

巨乳ということは、その分胸の脂肪が多く、乳首の感度が体にまで行き届かない可能性があるからです。

 

はっきりとした医学的根拠はありませんが、確かに巨乳の女性は「乳首が性感帯ではない」という人が多いです。

 

もちろん、巨乳の女性の中にも乳首をいじられるのが好きという、感度が高い人もいます。「あくまでも噂」だと理解してください。

 

巨乳の乳首感度を上げたい場合はどうすればいいか考えてみましょう。

 

巨乳の乳首の感度が悪い場合、普通に愛撫したとしても気持ちよくさせることができないかもしれません。

 

そんな時に役に立つアイテムが「媚薬」です。

 

いくら巨乳は乳首の感度が悪いといっても、人間の肌ということには変わりありません。そのため、触られたら多少なりともなんらかの反応はあります。そのなんらかの反応を快感に変えるためには、乳首そのものの感度をアップさせるしかありません!

 

塗るタイプの媚薬には感度アップの効果が備わっています。塗った部分を少し愛撫するだけで激しく興奮させることができますよね。巨乳の乳首の感度も例外ではありません。

 

もし、巨乳の彼女が「乳首でイきたい!」とリクエストしてきたのであれば、媚薬を試してみるといいでしょう。

 

乳首は左右で感度に差がある!?利き手に関係する!?

乳首の感度は左右で差があるかどうか紹介します。

 

乳首は左右で感度に差がある!?利き手に関係する!?

 

レベルがあるように、乳首の感度は左右でどう感じるかは個人差があります。

 

それは「左右の乳首」にも言えることで、例えば右の乳首しか感じないという人もいます。

 

実際に撫しないとはっきりとした感度まではわかりませんが、愛撫してもらったりチクニーしている最中に「乳首の左右で感度が違う」と感じる人も多いでしょう。

 

乳首の左右で感度が違う問題が「利き手」と関係しているという説があります。

 

噂レベルの問題ではありますが、「利き手と反対側の乳首の方が感度が高い」という説はあるにはあります。

 

乳首の左右の感度は、実際に医学的根拠等が証明されているわけではありません。しかし、風俗嬢のアンケートや筆者が実践してみた結果、確かに利き手と反対の乳首の方が感度が高いように感じました。

 

乳首の左右で感度が別々なのは利き手と関係するという噂は嘘ではないのかもしれませんが、確証はないというのが結論です。実際、「乳首の左右で感度の差なんてわからない」という人もたくさんいました。

 

感度のいい乳首の形は!?

感度のいい乳首の形について紹介します!

 

感度のいい乳首の形は!?

 

人によって乳首の感度は違うのですが、一概に「感度のいい乳首は形が関係している」とは言い切れません。同じような形の女性でも、「感じる人」と「感じない人」がいてもおかしくはありませんよね。

 

しかし、愛撫しやすい乳首としにくいのがあるのは確かです。そのため、「乳首の感度を上げやすいか」は、乳首の形が関係している可能性が高いです。

 

例えば、「巨大ちくび(巨大乳頭)」と呼ばれる大きなちくびをしている場合、パートナーからも愛撫されやすく、パートナーの方も愛撫に気を遣う必要はありません。乳首の感度を上げやすく、感度のいい乳首も多いです。

 

ただし、「小乳頭」と言われる小さな乳首の感度が悪いかと言えば、そうではありません。小さなちくびに敏感ポイントが詰まっている可能性もあるからです。

 

この2つの乳首は、ある程度感度のいい乳首と考えることはできます。

 

「陥没乳首」や「扁平乳首」と呼ばれる、出が完全でないちくびは、感度が悪いように捉えられがちです。しかし、これらの女性でも「感度のいい乳首!」と言っている人もいます。

 

陥没乳首は感度が弱い!?愛撫の仕方と媚薬でイかせる

陥没乳首の感度が弱いのかどうか紹介します。

 

陥没乳首は感度が弱い!?愛撫の仕方と媚薬でイかせる

 

確かに、陥没乳首は感度が低いように思われがちです。女性が興奮したとしても、乳首が勃たないからですよね。

 

しかし、「陥没乳首は感度が弱い」というデータはどこにもなく、これも「個人差による」という解答が正しいことになります。

 

一切乳首に感度がないという女性もいれば、陥没乳首だけど精一杯愛撫してほしいという女性もいます。陥没乳首の女性とセックスする機会があれば、まずは乳首を愛撫したり舐めてみたりして、感度を確認してみましょう。

 

万が一、陥没乳首の感度があまりよくなかったとしても、「媚薬」を使えば万事解決です!

 

媚薬を使って陥没乳首の感度を上げてあげることで、少なくともいつもよりかは感度が上がった状態になります。

 

陥没乳首の女性も、「愛撫されていつもより気持ちいい?」と感じるようになり、最終的により興奮させることができるでしょう。

 

媚薬を陥没乳首全体に塗って、陥没した部分を表に引っ張り出すかのように愛撫してみてください。

 

少し痛いかもしれませんが、媚薬の滑らかさが痛みをなくしてくれます!

 

男も乳首の感度を媚薬で上げれば射精しちゃう!?

男も乳首の感度を媚薬で上げれば射精できるのか紹介します。

 

男も乳首の感度を媚薬で上げれば射精しちゃう!?

 

男の乳首の感度は、女性と比べた場合そこまで大きくはありません。「愛撫されても一切感じない」という男性も多いです。

 

そんな男の乳首の感度も媚薬を使えば、もしかしたら乳首だけで射精できるかもしれません!

 

塗るタイプの媚薬やラブローションは、女性に使うだけでなく男性が使っても有効です。媚薬の効果を女性ほど得られなかったとしても、ローションのように滑らかに優しく愛撫するのに使いますよね。

 

乳首の場合も例外でなく、媚薬を使って愛撫された方が、間違いなく気持ちいいです。

 

普段、男で乳首の感度が弱いせいで感じることができない場合も、媚薬を使うことで「気持ちいい」と思うかもしれません。そう思うことができたのであれば、性的興奮を感じるのも時間の問題でしょう。

 

ただし、「男が乳首の感度を上げて射精する」というのはなかなか難しいです。男性の射精はちんこの直接的な刺激が必要だからです。

 

しかし、男も乳首の感度を上げて性的興奮がマックスになった時、女性同様、チクイキできる可能性はあります。

 

乳首の感度まとめ

乳首の感度について紹介しました。

 

乳首の感度まとめ

 

乳首の感度を上げたい場合は、媚薬を使うのが一番効率がいいです。普段のチクニーに媚薬を使うのもいいですし、セックスの際に媚薬を使うのも悪くありません。

 

乳首を開発して性感帯にすることで、いつもよりもっと気持ちいいセックスができます!